遠州鉄道e-Linerで行く!井伊直虎ゆかりの地浜松の旅高速バス特集 高速バスドットコム

井伊直虎ゆかりの地浜松へ!横浜⇔浜松高速バス特集 ご予約受付中

遠州鉄道高速バス「浜松横浜線」を使って、「井伊直虎」ゆかりの地、浜松へ!

平成29年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台は浜松市北区の井伊谷(いいのや)と呼ばれる地域です。 井伊谷には、井伊家の菩提寺(ぼだいじ)であり直虎・直政などの墓所もある「龍潭寺(りょうたんじ)」、井伊家の始祖である井伊共保(ともやす)公「出生の井戸」など井伊家ゆかりの旧跡が点在しています。 また、北区気賀(きが)地区には大河ドラマ館がオープン。舞台セットや撮影で使われた衣装などを見ることができます。
龍潭寺~大河ドラマ館と、浜名湖畔の風光明媚な温泉地「舘山寺(かんざんじ)温泉」を結ぶ路線バスも運行中です!
そんな浜松への首都圏からのお越しには、遠州鉄道高速バス「浜松横浜線」で!横浜駅(YCAT)から、夜行便を含めて毎日3往復を運行中です。
遠州鉄道高速バス
さらに、現在期間限定で、土・日・月に横浜駅を午前9時20分に出発する「199便」を運行中!昼過ぎには浜松に到着し、浜松観光をお楽しみいただけます。
大河ドラマで盛り上がる浜松に、高速バスで遊びにいきませんか。

運賃・空席などバス詳細はこちら

「おんな城主 直虎」ゆかりのスポット

龍潭寺 遠州の古刹・井伊直虎が眠る寺 遠州の古刹・井伊直虎が眠る寺

龍潭寺

りょうたんじ

井伊氏歴代を祀る 龍潭寺―。寺伝によれば、その歴史は古く、奈良時代に行基によって開創され、平安時代から井伊氏の菩提寺であったとされています。戦国時代には、井伊直平に帰依された黙宗瑞淵和尚を開山として迎え、永禄3年(1560)桶狭間で戦死した井伊直盛の戒名から寺号を「龍潭寺」に変えたといわれています。また、龍潭寺第二世住職 南渓和尚は直平の子という説もあり、井伊直虎を“女城主”として立てるなど、井伊氏再興の陰の立役者として知られる人物です。井伊氏ゆかりの足跡は境内の至るところに点在し、直盛、直虎、直政をはじめとする井伊氏歴代の墓をはじめ、赤地に「井」の記が描かれた籠など、井伊氏拝領の品も見ることができます。また、龍潭寺山門を出て南に進むと、井伊氏初代 共保が生まれたとされる「共保公出生の井戸」が残っています。井伊氏を知る上で欠かすことのできない名所です。
共保公出生の井戸 伝承の井戸・井伊家の始祖への想い

共保公
出生の井戸

ともやすこうしゅっせいのいど

井伊家初代共保公が出生したという伝説のある井戸。龍潭寺山門の南、田園に囲まれたのどかな場所にある。白壁に囲まれた大きな石組みの井戸で、傍らには「井伊氏祖備中守藤原共保出生之井」の碑が建っている。
井伊谷城跡 直虎が女城主となった井伊谷城

井伊谷城跡

いいのやじょうあと

標高約115m、丘陵に築かれた井伊氏の城館。井伊氏の本拠地は井伊谷城とその山麓にあった居館に加え、最終的な詰め城である三岳城で構成されていた。現在は城山公園として整備されており、土塁などの遺構が見学できる。
直虎ゆかりの歴史探訪

他にも見所いろいろ、高速バスのご予約はこちら

【必ずお読みください】

※予約完了後の変更には、キャンセル料が発生する場合があります。キャンセル料の発生日、手数料率はバス運行会社により異なりますので、予約時に必ずご確認ください。

ページトップへ戻る

イチオシおすすめツアー一覧へ戻る