高速バスを都市から探す 東京

東京

高速バス 東京 発着便の予約 ~新宿・東京駅周辺・品川・池袋・秋葉原など~

宮城発 東京 石川発 愛知発 大阪発 広島発

トコトンお得に東京へ!東京発着・高速バスの魅力

新幹線なら約1万5,000円ほどかかる東京⇔大阪間ですが……高速バスなら、約2,000円から利用可能!なんと1/7程度で移動できちゃいます。また東京-名古屋間は1,750円~、さらに東京-仙台間は2,000円~と大変お得!お仕事やコンサート・イベント行事など、何度も行くことが多い首都・東京ですが、これなら気軽に行けますね。

日本最大の高速バス発着地・新宿

毎日、非常に多くの方が高速バスを利用する東京。その中でも、特に高速バス発着本数が多いエリア、それが新宿です。東京発着の高速バスにおける大半が、新宿を経由。日本全国へ、ここから出発できます。

高速バスの集合場所も新宿はさまざま

非常に高速バス利用者が多い新宿。集合場所はいろいろありますが、ただでさえ高層ビルが立ち並び、人手も多く、集合場所へ行くまでに迷ってしまう方も。
あらかじめ予約時にお送りしている「予約受付確認書」メール内の乗車地マップをご確認ください!

どこから高速バスに乗るか――東京23区外もOK!

乗下車地の設定が豊富なのも東京の良さ。東京駅周辺、新宿、池袋、品川、秋葉原など都内各地から乗降車いただけます。

また、いま人気急上昇なのが、快適なバス待合施設発着プランです。多くの高速バスは、「○○ビル前」など屋外での集合・乗車です。深夜・早朝の発着が多く、前後の時間をどこで過ごすか、悩んだ経験を持つ方も多いのでは?待合施設発着便なら、各主催バス会社の運営する待合スペースで過ごせて快適♪待合施設発着便なら、各バス主催会社の運営する待合スペースで過ごせて快適♪

しかも、軽食や飲み物・トラベルグッズが買えたり、ネットを利用できたり、フリードリンクが用意されていたり、化粧台やフィッティングルームで身支度整えられたり……と、サービス満点!高速バスの旅を、格段に快適にしてくれます!

「東京」のみどころ

  • 東京ディズニーランド
  • 東京ディズニーランド
  • 高速バスドットコムでは全国各地からディズニーリゾート行のバスを掲載中!
    ディズニーシーとディズニーランドどちらも乗降車地としてある場合は必ず乗り場を事前に確認しましょう。ディズニーシーの乗り場とディズニーランドの乗り場は少し離れているため、乗り遅れに要注意。
    ディズニーリゾート特集はこちらから!
  • 東京スカイツリー
  • 東京スカイツリー
  • 2012年2月29日に開業した、東京スカイツリーは日本一高い建造物として多くの見物人が訪れます。
    また、高さ634mの東京スカイツリーは2011年11月17日にはギネスワールドレコーズ社より世界一高いタワーとして認定されました。
    (※2020年8月28日現在は、ドバイのブルジュ・ハリファに越されて世界第2位となっています。)
    日本一高い天望デッキから東京を見渡してみましょう!
  • 世界有数の電気街・秋葉原
  • 秋葉原
  • 家電店はもちろん、アニメ・コミック系ショップが多いこともあり、「オタクの聖地」とも呼ばれている秋葉原。見ているだけで楽しめると、最近は若者を中心に訪れる人が急増中です。秋葉原発祥のあの有名アイドルにも会えちゃうかも!?

高速バスドットコムに寄せられた東京観光クチコミ

東京タワー

東京観光の定番中の定番。ベタですが、行くたびやっぱりテンションあがります。
遠目に見るだけでも「東京にきた!」って実感がわくというか。
展望台から見る夜景はやっぱりきれいだし、ライトアップされている夜の外観もいいです。

盛り上がるのは、展望台の中にある、床タイルがガラスになっている部分。
高所恐怖症の人にとっては、絶対近寄りたくないスペースです。笑
(大阪府・10代女性)

明治神宮

真夏に行きました。ものすごく暑い日だったのに、神宮内を歩いていると涼しくてビックリ。
樹齢何十年とか何百年なんだろう樹木が生い茂っているのですが、すごく背の高い木ばかりなので、それほど暗くもなく、木洩れ日が心地よかったです。
(ただし、夜にNHKホールから駅に向かう際に通りがかったときは、さすがに暗そうでちょっと怖いかも)

東京都内のパワースポットと呼ばれたりしているようですが、鈍感なものでそういったものは特に分かりませんでした。
けど、とにかく涼しさと、緑が多い場所ならではの空気が楽しめて、のんびり過ごすのにはピッタリと思いました。
(愛知県・20代女性)

東京スカイツリー

いわずと知れた日本が誇る世界一の電波塔。その高さは634m。2012年5月にオープン。
江戸で育まれてきた心意気の「粋」と、美意識の「雅」という2つの異なるライティングを1日毎に交互に替え、美しい夜の姿もまた見所のひとつ。
浅草からも程近い。まだ行ったことのない人はぜひとも塔の真下から見上げてみてほしい。
(岐阜県・30代男性)